セイヤとマナトが来てくれました

先日、卒部生のセイヤとマナトが来てくれました😊

マナトは4年生から、セイヤは6年生から柔道を始め、決して早いスタートでは無かったけど、どんなに怒られても辞めずに中3までしっかり増田道場で頑張りました!

毎稽古後、疲れ果てた後に泣きながらの食トレ。
先生の自宅で沢山合宿もしました。

強豪高校に行く為の心構えも、めいっぱい伝えました。

本当にいろんな事がありましたが、今は二人とも強豪高校で頑張っています!

二人の背中を追って、今年の受験生も来年の受験生も、強豪高校に行きたい!と志を持って頑張っています。

そんな二人が後輩達に稽古を付けてくれてる姿を見るだけで、あんなに頼りなかったのに…あんなに泣き虫だったのに…、と感慨深いものがありますね😭

少年柔道の指導者は、その子の人生に関われるのなんて本当にごくごく一部の一時だけ。

だからこそ、今叩き込むべき受け身・打ち込み・投げ込みをしっかりさせ、
「はい」や「ありがとうございます」と言える素直な心を大切に、
中学や高校の先生方にバトンタッチした時に、大切に育てて貰えるような人間であってほしいと願っています😊✨

タイトルとURLをコピーしました